一般&特殊クリーニング

一般的なクリーニングと特殊クリーニングを承ります。

ぬいぐるみのメンテナンス・・・
ぬいぐるみは愛する程、汚れてしまいますよね(何か詩的な感じですが...。)
でもそのままでは清潔さに欠けます。小さいお子さんや赤ちゃんのように肌がデリケートなら尚更
きっと、ぬいぐるみも綺麗になると喜びますよ。是非お試し下さい。

お布団の丸洗い・・・
人間は一晩でどの位の汗をかくかご存知ですか?これからの季節は特に雑菌や臭いが気になります。
バイキンと添い寝なんてやですよね (>_<) 清潔なお布団で熟睡を手に入れて下さい。

オーロラクリーニングの毛玉取り技術・・・
大切な人からプレゼントされたセーターは愛情のこもったもの、大切にしたいですよね。
でも年月とともに毛玉が...。折角のプレゼントが台無し (T_T)
オーロラクリーニングの毛玉取り技術にお任せ下さい。思い出の一着が蘇ります。思い出も一緒に?!

ドライクリーニング・・・
ドライクリーニングは、水じゃない「有機溶液」で洗う方法です。型崩れや縮みが起きにくく羊毛や絹、レーヨンなどのクリーニングや水洗いで色が流れるもの、縫い糸が縮むような洗濯にに用いられます。衣類にとっても優しい洗濯方法です。

ランドリー(商業水洗い)
ランドリー(商業水洗い)とは、家庭洗濯とよく似た処理方法だと言えますが、クリーニング業では大量・高温処理が基本の低コストですが個別対応が難しい方法です。

ウェットクリーニング
汗汚れや飲食物の汚れなど水溶性汚れは、ドライクリーニングで除去するのは難しく、本来ならばドライクリーニング指定(水洗い不可)となっている衣類を中性洗剤などを用いて、手洗いに準じた程度の弱い洗いで汚れを除去する洗浄方法です。

毛皮クリーニング
毛皮はデリケートな洗いが必要ですから、ソーダスト(おがくず)またはコーンパウダー(トウモロコシの芯の粉)に艶出し剤や帯電防止剤を浸み込ませたもので洗って、バキュームまたはエアーガンでパウダーを取り除く方法が多く用いられます。
※但し、デリケートな素材ですので汚れによっては落とせない場合もあります。

皮革クリーニング
スエードはサンドブラスト(送風研磨)による前処理によって主なシミを落とす行程があります。皮革製品は、油と洗剤で作られた皮革用洗剤でドライクリーニングされますが、最近では水洗いも行われます。
※特に豚革は、クリーニングによる表面変化(毛穴が見えるようになったり色が抜ける)が大きいことをご了承下さい。

着物のクリーニング
正絹の着物は、日本伝統の技によってできたもので、基本的にクリーニングはできないものですが、オーロラクリーニングでは長年の研究努力で、これを克服しました。
大切な一着をお任せ下さい。

カーテン・クリーニング
外して洗ってもらえることが中々ないカーテンは掛けている間に汚れと太陽光線によって弱っている場合が多いですが、お気軽に当店でご相談下さい。

絨毯(カーペット)クリーニング
畳文化の日本では靴のまま絨毯の上にあがることは少ないのですが、本来は靴に踏みつけられるのが絨毯の本来の姿です。但し、洗うことを前提に作られていない段通やペルシャ絨毯は使用中の摩耗や汚れの付着、光などによる色合いや風合いの変化がクリーニング後に現れる場合もあります。
こちらもどうぞ、お気軽に当店にご相談下さい。

ピュア加工
通常水洗いできないウール製品等、特殊な技術と洗剤でクリーニングします。衣類の汗や、ホコリ、臭い、ごわつきを取り除き、スッキリさっぱり落とします!!柔らかく仕上がり手触りや肌触りの良さが特徴で、着心地バツグンです。永く大切にしたい衣類、衣替えの時期が特にお勧めです。今までなかった新しいタイプの特殊洗いです。※某店の水洗いとは全く違います。

DXトリートメント加工
高級素材にお勧めします。滑らかと艶のある風合いに仕上がります。天然オイル スクワラン(深海鮫)を使用。
※スクワランとは、水深400m~1400mに生息する深海鮫の肝臓から抽出されるオイルです。人間の皮脂に最も近い成分を持っており、皮脂表面の保湿や潤いを保のに適していて、化粧品にも使用されている天然オイルです。スクワランオイルの滑らかさと、艶のある風合いをアンゴラ、カシミヤなどに与えます。

折り目加工
シロセット加工とはCSIRO(欧州連邦科学産業研究機構)で発明されたウール製品の形状記憶加工です。
リントラク加工
ザ・ウールマークカンパニーとダイニック(株)の共同特許、世界各地で普及している方法で耐久性は抜群、加工生地を選びません。

撥水加工
撥水加工は雨や雪を弾いてくれます。最近は、撥水・撥油加工や防汚加工といった水も油も弾く可能が増えています。防水加工と違って通気性があります。